NEW
更新日:
2024年5月13日(月)

支援制度紹介!創業者向け補助金「ワクワクチャレンジ創業支援事業/とやまUIJターン起業支援事業」

  • 創業支援情報

こんにちは!SCOP TOYAMAです。

今回は令和6年5月13日から申し込み開始となった、
富山県が実施する創業者向けの補助金をご紹介します。
事業計画などが固まって、これからいざ起業しよう!という方はぜひチェックしてみてください。

なお、富山県が実施する創業者向けの補助金は、以下の2種類があります。

ワクワクチャレンジ創業支援事業

主に県内在住の方を対象とした補助金になっています。
富山県内で創業(開業届の提出および法人の登記)をする方で、一定の要件を満たす方を対象に審査を行い、創業に関する経費を最大で100万円まで助成しています。
事業内容は問わず、経費としてみなされるものも幅広いので、創業を考えるあらゆる事業に対応しています。
チラシを見る



とやまUIJターン起業支援事業(起業支援金)

主に今現在県外在住で、これから富山県で事業を始めたい移住者向けの補助金となっています。
富山県内へ移住し、富山県内で創業(開業届の提出および法人の登記)をする方に、起業に関する経費を最大で200万円まで助成しています。
チラシを見る

今回はこの2つについてそれぞれ簡単に説明していきます!

ワクワクチャレンジ創業支援事業の対象者

ワクワクチャレンジの対象者は…

これから創業を予定しており、富山県内で令和7年2月末までに創業を予定されている方、または富山県内で創業後3年以内の方のどちらかで、一定の要件を満たす方。
となっています。

「一定の要件」というのがポイントになってきますが、その内容は以下のいずれかに該当する必要があります。
①過去3年以内に県の指定する講座を修了した方

②過去3年以内にビジネスプラン等の作成を主とし、計5日以上に渡って支援を行っている県内の創業プログラムを修了した方

③過去3年以内に県内のビジネスプランコンテストへ出場し、出場したビジネスプランコンテストにおいて最終選考まで通過した方

④申請時点で、県が指定するインキュベーション施設等を利用する方で、申請時点から起算して過去6ケ月以上にわたり入居もしくは利用者登録を行っている方

⑤申請時点で、県が指定するインキュベーション施設等を利用する方で、事業完了までの間に利用開始から起算して6ケ月以上の継続した利用をする意思のある方

⑥県が指定する創業に関わる支援機関の指導を受け、支援機関の確認書を提出する方

一見難しい条件ではありますが、⑥の支援機関の指導というのは「富山県内の商工会・商工会議所」が含まれますので、①~⑤に該当しない方はまずはお近くの商工会・商工会議所に行って創業したい旨をご相談することをおすすめします。

ただし、以下の方は対象外となりますのでご注意ください。
・申請者(法人の場合はその代表者)が、個人事業主または他の法人の登記上の代表者として、通算3年以上の経営経験がある場合。

・申請を行う事業の実施主体がみなし大企業に分類される場合。

・申請を行う事業が個人開業医の場合。

・ベンチャーキャピタル等、その他投資を目的とする会社からの出資を受けることを予定している場合。

とやまUIJターン起業支援事業(起業支援金)の対象者

とやまUIJターン起業支援事業(起業支援金)の対象者は、ワクワクチャレンジよりも金額が大きいものの移住が絡むので少しハードルは高くなっています。

①申請時点で富山県内に住民票を移して1年以内であること、又は補助事業期間完了日までに富山県内に移住すること。

②富山県内に住民票を移す直前の連続して1年以上かつ10年間のうち通算5年以上の期間を富山県外に在住していたこと。

③令和6年4月以降、富山県内における創業(事業承継又は第二創業 を含む)であり、令和7年2月末までに創業予定であること。

基本的にこれから移住して創業を検討される方は問題ありませんが、②のとおり5年以上県外にいた方が対象となること、③のとおり今年度内に創業予定であることがポイントになってきますのでご注意ください。

申し込み方法

このページでは簡単にまずは「対象者」についてのみ記載しましたが、補助金にはその他にも「対象事業」や「対象経費」などの制限があります。
詳しくはそれぞれ下記のページを参照していただき、これから行う事業が対象になるかを確認したうえで、申請の準備を進めるようにしましょう。

令和6年度 ワクワクチャレンジ創業支援事業 利用者募集

令和6年度とやまUIJターン起業支援事業 利用者募集

ちなみにどちらの補助金にしても申請期間は
令和6年5月13日(月)~令和6年6月20日(木)17:00必着
となっていますので、計画的に申請書等の準備をお願いいたします。

また、1点SCOP TOYAMAからの注意事項として、補助金の申請窓口はSCOP TOYAMAではなく、リンク先の公益財団法人富山県新世紀産業機構となっております。

お問い合わせに際はお間違えの無いようにご注意ください。
連絡先は下記のとおりです。


問い合わせ窓口

窓口
公益財団法人 富山県新世紀産業機構 中小企業支援センター 新事業・販路開拓支援課
住所
〒930-0866 富山市高田527番地 情報ビル2F
Tel
076-444-5602
Fax
076-444-5644
E-mail
entre@tonio.or.jp

すでに事業計画などが整いあとは創業するだけという方は、まずは早めに問い合わせ窓口にご相談しましょう。

また、もしまだ事業計画がまとまっていない方は、事業計画を整えるためにもSCOP TOYAMAのオンラインフォームからの相談予約などをご活用ください。